スキューバダイビング初心者の方へ

皆さん こんばんは。

ダイビングスクールマレア新宿店の久代美波です!




念願のスキューバダイビングのライセンスをゲットした!

もしくはこれからライセンスを取得しようと考えている!という方がいましたら

ぜひご覧いただけたらと思います(^^♪

まずスキューバの語源、由来とは!??

英語のSelf Contained Underwater Breathing Apparatusの頭字語である

SCUBAのカナ表記であり、空気などの呼吸ガスを携行する方式の潜水器具のことを言い、

自給式水中呼吸装置とも訳されたりします。

スキューバダイビングは海難救助などは職業的な活動などもありますが、

一般的にはレジャーダイビングを示します( ˘ω˘ )

↓↓ NEXT ↓↓

潜れる深さは!??

なんとレジャーダイビングの場合は最大深度は40mなのです!

が!

技術レベルに応じて潜ることができる深度が決められており、

PADIは

images

PADIスクーバダイバー 最大深度12m

PADIオープンウォーターダイバー 最大深度18m

PADI アドバンスドオープンウォーターダイバー 最大深度30m

となり、

ディープダイビング・スペシャルティコースを修了された方は

最大深度40mになります(*゚Д゚*)

↓↓ NEXT ↓↓

ライセンスがあればどこでも自由に潜れるの!??

ライセンスを取得したからといって、どこでも潜れるわけではありません(´・ω・`)

初心者がいきなり水深の深い所や難しいポイントに潜るのは危険なので、

オープンウォーターダイバーでしたら

水深18mまでの穏やかな海域”など潜れる海やポイントが限られているのです。

また海ならどこでも勝手に潜っていいのではなく、

安全上や日本の場合は漁業関係者とのトラブルを避けるためにも

その海を管理している現地のダイビングサービスなどを利用して潜ります(*゚v`)ノ

↓↓ NEXT ↓↓

何分くらい潜れるの!??

それは、、ダイビング中の潜っている深さによって異なりますが、

おおよそ30分から40分ほどとなります。

深く潜れば空気の消費も早くなるので、長く深い場所に潜っていることはできません。

かといって浅い場所に長く潜ることもお勧めしません。

なぜかというと

減圧症といって潜水病になってしまう可能性がでてきてしまうかもしれないからです。

空気がなくなってしまう、、なんてことがないよう、計画を立てることが大切なのです!!

↓↓ NEXT ↓↓

ひとりで潜れるの!??

レジャーダイビングではバディシステムと呼ばれる二人一組で潜るのが基本となります!!

バディはダイビング前に安全の確認(器材のチェックなど)や

水中でも行動をともにして楽しみを共有したりすることができ

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外、水

お互いの安全確認もします(*´∇`)ノ

万一、トラブルが起きたときには、バディ同志助け合うことにより危険を回避でき、

大勢のグループで潜るときも、バディを組んで潜ります!

画像に含まれている可能性があるもの:1人

単独での潜水は事故につながる可能性も高く危険、と考えましょう(‘_’)

そして意外と気になる人も多いのではないでしょうか。

サメに襲われたりしないの!??

「ホオジロザメ」の画像検索結果

世界におよそ400種いるサメのうち、危険と言われるサメはおよそ20~30種ほど!!

その多くが水深の深い外洋に生息しているためダイバーが出会うことは稀!!

ダイバーが出会うのはネコザメや

「ネコザメ」の画像検索結果

ネムリブカ

「ネブリブカ」の画像検索結果

といったおとなしいサメで、襲われる心配はありません!!

こんな怖い顔をしているシロワニも

「シロワニ」の画像検索結果

実は臆病なのです(。-∀-)

女性が生理中でもまず問題なし(笑)

むしろサメのほうがこちらを警戒することが多く、さらにサメは目が悪いため、

ダイバーやダイバーの出すエアを避けて逃げていくケースがほとんどです!

最初は聞きなれないこの用語、、

「ファンダイビング」って何!??

FUNダイビングは文字の通り、、、

楽しむためのダイビングのこと(b’v`★)b

画像に含まれている可能性があるもの:9人、、スマイル、立ってる(複数の人)、空、屋外

潜る前にはポイントの見どころなど説明します!

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)、山、空、屋外、自然

バディ単位で器材チェックをすませたら、チームで潜り、

画像に含まれている可能性があるもの:水泳、屋外、水

自動代替テキストはありません。

水中では見どころの生物や風景を楽しみます。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、空、屋外、自然、水

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外、水、自然

ダイビング後は器材を洗って干したら

ログブックに潜水記録や感想を記入し、

ダイビングの思い出を話しながらの食事も忘れてはいけません!

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、食べ物、室内

チームで潜ったら楽しいこと間違いなしですね♪

もちろん楽しむだけのファンダイビングもありますが、、、

もっと上手に潜れるようになりたい!という方には、、、

ステップアップコースもあります!

ということで

ステップアップコースって何!??

PADIの場合、オープンウォーターダイバー取得後は

アドバンスドオープンウォーターダイバーコースにすぐステップアップすることができます!

より高度な技術を効率よく身に付けられるのがステップアップコースです(^^)/

アドバンスドオープンウォーターダイバーコースでは

ディープダイビングや水中ナビゲーションなど遊びの幅さらに広げることができ、

さらに安全に!楽しく!潜る事ができるようになります(‘◇’)ゞ

もっともっとステルアップしたい!という方には

PADIスペシャルティコースのご受講をお勧めします♪

生物をもっと上手に撮ってみたい!

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然

まず生物を探せるようになりたい!

画像に含まれている可能性があるもの:夜、食べ物

などなど

皆さんの要望にあったコースがきっとあるはずです(^^)/

ライセンスを取得したからにはぜひスキルアップして

どんどんダイビングを楽しんでいってくださいね♪

そして陸上が寒くなってきたからこそ気になる方も多いのではないでしょうか?

冬でもダイビングは出来るの??

結論から言いましょう!!

できます!!!

イメージがあまりできない方もいると思いますがダイビングは実は

1年中楽しめるスポーツなんです(。-∀-)

え、でも海の中寒くないの??

そんな疑問が出てきますよね(´・ω・)ノ

でもみなさん、季節が変わる度衣替えをしませんか??

それと一緒でダイビングもスーツを衣替えすることで年中快適に潜る事できるんです!

衣替えの目安は

水温23度!!!

23度より高くなってきたら

ウエットスーツ

画像に含まれている可能性があるもの:10人、、スマイル、空、屋外

低くなってきたら

ドライスーツ

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外

とっても寒くなってきたらみなさん

ニット帽や手袋しませんか??

これまたダイビングも一緒!

フード&冬用グローブを付けて潜ると暖かさが倍増!!

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、空、屋外

この3点があれば1年中快適に潜って行けるんです!!

そして冬の海は1年の中で1番透明度がキレイな時期になっていきます( ˘ω˘ )

画像に含まれている可能性があるもの:水

15メートル先まで見えたりもっといい時には20メートル先まで見れるときも!!

冬ならでは水中が

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、屋外、自然

クリスマス一色になったりと

楽しさ満点キレイさ最高

そんな海がみなさんの事を待っていますよ( *´艸`)

まだまだ皆さんにお伝えしたことはありますが!

それはまた次回!!

それではまた更新しまーす!(^^)!